お知らせ

新型コロナワクチン接種受付のご案内

掲載日:2021年7月20日

☆新型コロナワクチン接種が始まります。接種を受けるにあたっての情報をお伝えします。
※現在電話での予約は受け付けていません。

診察時に先生にご相談ください。(症状によっては打てない場合があります)
基本的には、1回目の予約の三週間後の同じ曜日に2回目のワクチン接種を行います。
(2回目の予定日の都合がつかない場合、1回目の予約もできません)

当日の注意点

当日朝、ご自宅で体温測定をお願いします。熱がある場合や体調が悪い時は早めにクリニックまで連絡をお願いします。(049-225-5261)

当日の服装について

肩まで完全に出るノースリーブや半袖などでお越しください。
(羽織るもので調整してください)

持ち物について

  1. 予診票(クーポン券は貼らない)※記入してお持ちください
  2. 新型コロナワクチン接種クーポン券(忘れると受けられません)
  3. 身分証明書(健康保険証、運転免許証、マイナンバーカードなど)

注意が必要な方

一般に、以下の方は、ワクチンを接種するに当たって注意が必要です。当てはまる方は、予診票に記載をしていただいた上で、予診を行います。

  • 過去に免疫不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方  
  • 心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方  
  • 過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状がでた方
  • 過去にけいれんを起こしたことがある方  
  • ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方

ワクチン接種は体調のよいときに受けるのが基本ですので、特に基礎疾患のある方は、病状が悪化していたり、全身が衰弱している場合は避けた方がよいと考えられます。ご心配な方は、かかりつけ医にご相談ください。

また、新型コロナワクチンは筋肉内に注射することから、  

  • 抗凝固療法を受けている人、血小板減少症または凝固障害のある方

は、接種後の出血に注意が必要とされています。
(厚労省ホームページより)

接種を受けた後は

受けた直後は、15分以上待機場所で座ってお待ちください。
※過去にアナフィラキシーや重度のアレルギー症状を起こしたことのある方や、採血で具合が悪くなったり、失神等起こしたことのある方は、30分は様子をみてください。

接種後に以下のような症状が現れることがあります。

  • アナフィラキシ
  • 血管迷走神経反射

待っている間も、会話は控えめにしマスクなど感染対策をしてお待ちください。

帰ってから

飲酒や激しい運動はしないでください。入浴は問題ありませんが、接種した部位は強くこすらず軽く汗を流す程度にしてください。

接種した数日以内に現れる可能性がある症状について

  • 接種部位の痛み、疲労、頭痛
  • 筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ
  • 吐き気、嘔吐

※通常は数日以内に回復しますが、症状が重い場合は 受診してください。

深刻な症状が出たら

万が一、深刻な症状が出ましたらこちらの専門窓口にお問い合わせ下さい。

埼玉県新型コロナワクチン専門相談窓口
☎︎0570-033-226

24時間 土日祝日も対応
専門的な知識を有する看護師等が相談に応じます。

=========================

★1回目に接種して現れた症状によっては、2回目の接種を控えたほうがよいこともあります。
接種後に気になる症状が現れた方は、2回目の接種について先生にご相談ください。

※ワクチンを打たれた方は新型コロナウイルス感染症の発症を予防できると期待されていますが、他の方への感染予防がどの程度期待できるかまだ分かっていません。また、ワクチン接種が徐々に進んでいく段階では、すぐに多くの方が予防接種を受けられるわけではありません。ワクチンを打った方も打ってない方も共に社会生活を送るためには基本的な感染予防対策の継続をお願い致します。

  • 3つの密(密集場所、密接場面、密接空間)の回避
  • マスクの着用
  • 石鹸での手洗い
  • 手指のアルコール消毒

参考

更新日:2021-07-20 12:06:54